スーパーで鮮魚の主任やってます。仕事全般や生活の知恵について情報発信中。

オキログ

ブログ運営

もしもアフィリエイトのかんたんリンクが崩れた理由は「Advanced Ads」だった件

更新日:



どうもオキナガです。

今回はもしもアフィリエイトのかんたんリンクが崩れた理由とその解決法について解説していきます。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクって便利ですよね。

知らない方のために解説しておくと、こんな感じ↓でAmazonや楽天への商品リンクを作成することができる機能です。

(オキログ:普段履きに最適!一般人でも履いてみたいカジュアルな安全靴6選より)

 

・Amazonアソシエイトプログラムの承認が受けられない方へ

実は私、以前にAmazonアソシエイトの審査が通らず困っていたんですが、もしもアフィリエイト経由で申し込んだらあっさり承認された経緯があります。

なので、直接審査メールを送っても何回も否認されてしまう、という方はもしもアフィリエイト経由でお願いしてはいかがでしょうか?

もしもアフィリエイトに登録してみる→「もしもアフィリエイト」

 

もしもアフィリエイトのかんたんリンクは、

・一度に3つの商品サイトへのリンクが貼れる

・リンクのデザインがなんとなくかっこいい

・Amazonの収益は+10%される

というメリットがあるので当ブログでも何度か使用していました。

 

ところがある時、こんな風にデザインが崩れてしまったんです。

通常のテキストが入る場所に、謎の文字列が発生。

さらにデザインが崩れてリンクボタンがはみ出しています。

 

色々試行錯誤してみましたが(大したことはしてないけど)、全く戻らず。

ふと、最近私がしたことって何だろう・・・と考えてみたら、思い当たるものがありました。

それはGoogle Adsenseを表示するためのプラグイン「Advanced Ads」です。

ためしに「Advanced Ads」を解除してみたら、全て元通りになりました。

 

しかし「Advanced Ads」は非常に便利なプラグインです!

関連記事:【Google AdSense】初心者なら「Advanced Ads」プラグインを使うのがおすすめです

せっかく見つけた便利な道具を捨てるのはもったいない、という思いから、どうにかできないかと試行錯誤しました。

その結果、

・かんたんリンクがある記事だけ「Advanced Ads」を停止

・その記事には手打ちでAdsenseコードを打ち込む

という方法に落ち着きました。

 

はっきり言ってこの記事の結論は以上です。

はい。これで終わりです。

 

・・・というのも不親切なので、以下、細かいやり方に不安のある方に向けて解説していきます!

\お得なASPに登録してみる!/

もしもアフィリエイト

本記事の内容

・「Advanced Ads」は色んなものと相性が悪い?

・かんたんリンクがある記事だけ「Advanced Ads」を停止する方法

・手打ちでAdsenseコードを打ち込む簡単な方法



「Advanced Ads」は色んなものと相性が悪い?

今回の件で色々検索して分かったことなんですが、「Advanced Ads」はワードプレスのテーマでも相性の良くないものがあるようです。

Google検索「Advanced Ads 相性」で出てくる代表的なものとしては、

・ワードプレステーマ「Luxeritas」

・ワードプレステーマ「JIN」

などが挙げられていました。

そもそもプラグインとは、ウェブ言語に詳しくない人でもこのツールを使うと簡単にできちゃうよ!というものなので、HTMLやCSSなどに詳しくない人(私のことですが・・・)はその中身はブラックボックスと同じで何がどうなっているのか分かりません。

初心者がコードをいじくってどうこうできるようなものでもないので、相性が悪いと書かれているテーマやプラグインなどは使わない方が無難でしょう。

そして今回私の身に降りかかった、Advanced Adsともしもアフィリエイトのかんたんリンクとの相性問題は、以下のような方法で解決できます。

かんたんリンクがある記事だけ「Advanced Ads」を停止する方法

Advanced Ads自体をアンインストールしなくても、個別の記事ごとに対応すればOKです。

ワードプレスの編集画面を確認してみてください。

右下にある「広告設定」から「このページの広告を無効にします」にチェックを入れるだけで、該当記事の広告を無効にできます。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクを設置する記事は、ここのチェックを入れておきましょう。

手打ちでAdsenseコードを打ち込む簡単な方法

Advanced Adsを無効にしたページにもAdsense広告を入れておきたいですよね。

そういう時は自分でコードを打ち込むしかありません。

公式ページからのコピー&ペーストでOKなんですが、コード自体をいちいちコピーするのが若干めんどくさいですよね。

そういう時は、一度ペーストした部分を編集画面のビジュアルページで見てみてください。

Adsense広告を入れた部分にこんな画像が並んでませんか?

この再生マークのような画像は<>で囲まれた1つのscriptを指すようです。

Adsense広告のコードは2つのscriptタグがあるので、画像も2つあります。

 

もうお分かりですね?

この2つの画像をコピーして、自分が広告を貼りつけたい場所に貼りつけるだけでAdsense広告を表示させることができます。

ものぐさなやり方だとは思いますが・・・いちいちコードを取得しに行ったりメモ帳から呼び出したりするよりは、私は簡単だと思ってます(テキストモードに行く必要もないし・・・)。

 かんたんリンクとAdvanced Adsの相性問題まとめ

簡単ではありますが今回の記事は以上になります。

まとめとしてはこんなところです。

・かんたんリンクの崩壊はAdvanced Adsが原因

・対応としては記事ごとに広告を無効にすればOK

・広告を無効にした記事にはコピペで広告を貼る

 

いや~、ワードプレスをやってると本当に色んな事がありますね。

今回の問題はGoogleで検索しても同じような状態になっている方があまりいなかったので、モロに対処療法ではあるんですが、解説させてもらいました。

もし同じような状態になっていて、詳しい仕組みはわからないけど解決できればなんでもいいや~、って人の参考になれば幸いです。

さいごに~

ウェブ言語に明るい方なんかはこんな解決方法なんかではなく、アフィリエイトリンクのコードを書きなおしたり、自分なりにアレンジして乗り切るのかもしれませんね。

でも私がこの問題をコードの中身から理解しようとしてたら、かなり大変だったと思うんです。

広告が表示できば良い、かんたんリンクが崩れなければなんでもいい、って割り切って、とにかく前に進むことが重要でした(ブログを続けるということ)。

自動車の仕組みを全部理解しないと運転できない、なんてことはないしスマホの仕組みを全部理解しないと電話できないなんてことは全然ないですよね。

対処療法で良い場合と、仕組みを根本から理解した方が良いことは別にあると思うので、色んな困難にぶち当たった時、とりあえず乗り切れればいい、とりあえず動いてればいいと割り切ることも必要かなって。

今回そんなことも思ったりしたので蛇足かもしれませんが、最後に付け加えました^^



-ブログ運営

Copyright© オキログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.