スーパーで鮮魚の主任やってます。仕事全般や生活の知恵について情報発信中。

オキログ

ブログ運営

【Google AdSense】ブログ初心者が審査に合格するためにした3つの対策

投稿日:



今回はこんな疑問にお答えします。

アドセンスに何回も落ちるんだけどどうしたらいいの?

受かった人はどういう工夫をしたのか知りたい!

ブログを収益化しようと思ったらまず思いつくのがGoogleAdSenceですよね。

私の場合、10記事ほど書いた頃、「そろそろGoogleAdSenceに申し込んでみようかな?」と思いメールを送ってみました。

結果は撃沈。

その後、少しの試行錯誤を経て(記事は増やしていない)グーグルアドセンスに合格することができました。

以上の経験から、Google AdSense審査で気をつけるポイントを3つに分けて解説します。

本記事の内容

・Google AdSenseとは?

・Google AdSense対策1「記事の内容について」

・Google AdSense対策2「用意すべきページ」

・Google AdSense対策3「守るべきルール」

・まとめと「正解は無い」件について



Google AdSenseとは?

Google AdSenseとはこういう広告のことです。

もしかすると見出し「Google AdSenseとは?」のすぐ上に表示されているかもしれません。

Google AdSenseは、Googleの提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス。 コンテンツ向けAdSense 検索向けAdSense 動画向けAdSense ゲーム向けAdSense といった4つの種類がある。

出典:ウィキペディア

ブログに掲載するのは「コンテンツ向けAdsense」広告になります。

コンテンツ向けAdsense広告はクリック型広告なので、掲載するだけでなく、実際にクリックされて初めて報酬が発生する仕組みになっています。

クリック報酬型広告(クリックほうしゅうがたこうこく、英語: pay per click, PPC)とは、特にインターネットのWWW上における広告形態をさし、ある広告媒体のウェブサイトに設置された広告をウェブサイトの閲覧者がクリックすることによって広告主が報酬を与えたり、広告掲載側が報酬を得たりする一連の形態をさす用語。
出典:ウィキペディア

YouTubeに出てくる広告もGoogle Adsenseの一種ですね~(あれは再生されるだけで報酬が発生する仕組みです)。

それでは前置きはこのくらいにして、私が実際にどんな対策をしたか解説していきます。

Google AdSense対策1「記事の内容について」

Google AdSenceの審査に受かるためにはある程度、記事の充実を図る必要があります。

・記事の内容について

どんな内容なら良いの?

「日記サイトでも受かる」という話もありますが、あくまでも「受かった人がいる」くらいに思っておいた方が良いです。

出来れば「専門性」「権威性」「信頼性」のある記事を書きましょう。この3つのことを「E-A-T」と言います。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の3つの概念の略である。 ... E-A-Tが高ければ、そのWebサイトやページの品質評価が高まり、検索結果の表示順位への影響も考えられるため、SEOの観点からも重要な概念である。
出典:株式会社アイレップ「E-A-Tとは

そんなこと言われても無理だよ~

って思うかもしれませんね。

ではE-A-Tの3つをこう言い換えてみたらどうでしょう?

専門性→あなたの好きなこと・得意なこと

権威性→あなたが他の人と違うところ

信頼性→あなたが実際に体験したこと

「専門性のある記事を書こう」と意気込むと、何か特別な専門知識が必要なように感じてしまって何も書けない、となってしまうかもしれません。

でも、あなたの好きなことや得意なことを書いていい、と言われたら書けるような気がしませんか?

 

文字数はどのくらい必要?

昔は500文字くらいの記事が数個あれば受かることも多かったようですが、今は1記事1000文字以上が妥当とされています。

昔ながらの作文用紙が1枚400文字なので2枚ちょっと書けば1000文字です。

1000文字と言うと多いような気がしますし私もブログをはじめる前はそう思っていましたが、1000文字はすぐ超えてしまいます。

逆に1000文字以内に収める方が難しいとすら思います(この記事もここまでで約2400文字です・・・)

Google AdSense対策2「用意すべきページ」

Googleが唯一、これは必須の事柄であると明言しているものが「コンテンツポリシー」の明記です。

一般的には固定ページを使用して、コンテンツポリシーのページを作成します。

(やり方については環境によって違います)

WordPressでは固定ページにコンテンツポリシーの下書きが既にあるので、そこに書き加える形でもOKです。

プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。

Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。
Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。
ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www.aboutads.info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。

出典:GoogleAdSenceヘルプ「サイトのプライバシー ポリシーについて

ちょっと何言ってるかわかんない、と言う方は当ブログのコンテンツポリシーを参考にしてください。

オキログ「コンテンツポリシー

基本コピペでOKですが、「広告の配信について」という部分だけは、実際にリンクを貼っているASPにしておいた方が良いでしょう。強調部分↓

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、もしもアフィリエイト、バリューコマースアフィリエイト)を利用しています。

Google AdSense対策3「守るべきルール」

記事は充実しているしプライバシーポリシーも書いたのに受からない、と言う方の場合、ルール違反をしている可能性が高いです。

・禁止事項について

基本的に以下の記事があると審査に通りません。

アダルト コンテンツ
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ

出典:GoogleAdSenseヘルプ「AdSense コンテンツ ポリシーの詳細

一見してわかるものもありますが「衝撃的なコンテンツ」のように詳細を読まないと分からないものもあります(どうやらグロ系のことのようです)。

ある程度基準を満たしているはずなのにどうしても受からない・・・と言う方は、AdSense コンテンツ ポリシーの詳細を確認してみてください。

 

ありがちな例としては、知らないうちに著作権侵害をしていた、という方が多いようです。

(皆がアップロードしてるからいいだろうと思ってマンガのコラ画像を貼るなど)

また著作権侵害をしていなくても、Googleにそう評価されてしまうと審査に通りません。

既存の作家の作風を真似たイラストをアップロードするなど)

そのためか「GoogleAdSenseの審査に通るまでは画像を一切貼らない方が良い」、と言ってる方もいます。

 

本来オカシイことではあるんですが、審査される側はどの画像がどのように評価されるのか分からないので、受かるまで貼らないというのも1つの手だと思います。

(「いらすとや」なら大丈夫かなぁ・・・)

また「アフィリエイトリンクを貼っていると受からない」という話もよく聞きますが、私の場合、楽天へのリンク、その他ASPのアフィリエイトリンクがある状態でも受かりました

ちなみにポイントサイトへの誘導は「報酬プログラムを提供するページ」に該当するためNGですのでやめましょう。

まとめと「正解は無い」件について

今回の記事をまとめるとこんな感じです。

・得意なことや体験したことを書いてみる

・文字数は最低1000文字入れてみる

・プライバシーポリシーを設置する

・禁止事項を読んでみる

・疑わしい画像を消してみる

Google AdSenseの審査には正解がありません。

Googleが唯一、必須の事柄として挙げているのは「プライバシーポリシーの設置」のみで、あとは受かるまで試行錯誤していくしかありません。

「~してみる」という表現が多くなったのはそのせいです。

ぜひ色々試行錯誤してみて、アドセンスの審査にチャレンジしてみてください。

参考図書「元Google AdSense担当が教える 本当に稼げるGoogle AdSense」

Google AdSense関係の本で書店に並んでいる本はある程度読んでみましたが、導入に限ってはこの本が一番分かりやすかったです。

ですが、本当の導入の部分から解説してる本なので、ある程度詳しい人が読むと既に知っている内容が多いと感じると思います(アマゾンのレビューにも書いてある)。

頑張って探せばネットに書いてあるような情報も多いので、オリジナリティーのある書籍とは言えないかもしれません。

ただ、ネット上に点々としてる情報を拾い集める時間がもったいない!という方、書籍を購入して最短で導入を済ませたい!という方には向いていると思います。

Google AdSense導入後の収益について

ブログ運営報告で収益について触れていますので、良ければ参考にしてください。

関連記事「【ブログ運営報告】ブログの収益報告と1位を取った検索結果について



-ブログ運営

Copyright© オキログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.