私がつみたてNISAをたったの1カ月でやめた理由と、その後再開した理由

お金

私は2021年の2月からつみたてNISAを始めたんですが、たったの1月で辞めてしまいました。しかし、その後2021年の6月に再開しました。

色々と理由があるんですが、こんな経験から、つみたてNISAをした方が良い人とやめた方が良い人について解説が出来るんじゃないか?と思ってこの記事を書いております。

こんな人に読んでもらいたい!

・つみたてNISAが気になるけど詳しくは知らない人
・自分がつみたてNISAをした方がいいのかわからない人

つみたてNISAを1カ月でやめた理由

まず私がつみたてNISAを1カ月でやめた理由についてですが、結論から言うと、貯金ができて無かったから、です。

具体的には月に3.3万円、年間約40万円の貯金ができていなかったから、今はやるべきでないと判断しました。

逆に言うとこのくらいの貯金ができるんなら、やった方がいいと思いますし、やらない理由が見つかりません。

それでは以下で詳しく解説していきます。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、株を運用して得た利益が非課税になるNISAという制度です。

ただし運用できる金額は年間40万円以内、継続できる年数は20年間と決まっています。

株式に詳しくない人でも手軽に投資ができ、しかも手堅いリターンを期待できるということで、投資の初心者に人気がある制度です。

詳しく知りたい方金融庁の『つみたてNISA早わかりガイドブック』を見てみてください。金融庁のページですが堅苦しくなくイラスト入りで分かりやすく解説されています。印刷しやすい設定にもなってるので、紙媒体で読みたい方にもおすすめです。

手軽に投資できる理由

つみたてNISAの対象商品は金融庁が定めた基準を満たした、長期の積立に適した投資信託に限られています。

そのため選択肢は少ないですが、どの株が成長するかを考える手間が排除されています。

具体的に何に投資すればいいの?

私が買ってるのはS&P500インデックスファンドという投資信託で、過去50年遡っても成長を続けている投資信託です。

アメリカでは「他の多くの投資ファンドよりもS&Pの方が優秀である」と言われますが、その理由がわかります。

あの資産6兆円を超えるといわれるウォーレンバフェットも、一般人への投資アドバイスとして、S&Pインデックス投資を薦めています。

出典:マネーの達人『「日経平均」vs 「S&P500」 過去5年~30年間、投資していたらどうなっていたか試算してみた

「投資信託」「ファンド」について説明しておきますね。

投資信託、ファンドとは?

投資信託、またはファンドとは、沢山の企業の株を詰め合わせた、1つの金融商品の事を言います。

S&Pの場合500と言うくらいですから、米国の優良株が500種類入ってます。

1つ1つの株は上がったり下がったりしていてある意味不安定ですが、全体的には成長している米国株を詰め合わせて商品化することで、利益が安定するんですね。

このようなファンドに投資することで、手堅く資本を増やすことがでるわけです。

まさに「つみたて」!。

1つ1つの株を自分で吟味して買うのではなく、自分のお金を専門家に預けて運用してもらうのが投資信託、と考えてもらえればOKです。

つみたてNISAを始めた理由

私がつみたてNISAを始めた理由は老後の貯蓄問題を解決するためなんですが・・・そんなのは皆解決したいと思ってますよね。

私が行動にまで至ったのは、金の増やし方の本に出会ったことと、つみたてNISAシミュレーションにびっくりしたことがきっかけでした。

お金の増やし方の本に出会った

この本が私に行動させました。お金に関しては素人の著者と、お金のプロ山崎元さんとの対話形式になっています。


難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

・投資をすべき理由

・具体的にどうすれば良いか

がものすごく丁寧に書かれている良書です。

お金のことが良くわからない人でも、納得しながら、具体的にどう行動すれば良いかがしっかり書かれているので、凄く良い本だなと。

・投資はした方がいいのは分かってるんだけど、まだなんとなく不安・・・

・実際、何をどうしたらいいかわからない

と思ってる初心者の方におすすめです。

つみたてNISAシミュレーションにびっくり!

あとは、つみたてNISAのシミュレーションをしてびっくりした、というアホみたいなエピソードです。これをご覧ください。

(参考:楽天証券のつみたてNISAシミュレーション

上の画像はつみたて金額を最大枠の1月33333円で20年間したときのシミュレーションなのですが、積み立ての元本約800万円(正確には7999920円)がなんと20年後には約1370万円になっています。

毎月33333円貯金する感覚でつみたてるだけで、20年後に570万円増やすことができてるんですね。

これにはびっくりしました。

複利の力は理屈では知ってはいたんですが、このように具体的に計算したことが無かったので。

複利の力とは?

簡単に言うと、お金がお金を生む仕組みの1つです。

利息で得られた利益を元本に足していくので、生み出されるお金の額がどんどん大きくなっていく特徴があります。

よく、「雪だるま式で借金が増える!」なんて表現がありますよね。

あれは借金を増やしている状態ですが、複利の力はそれの逆だと思ってもらえれば分かりやすいです。

つみたてNISAはどこで始めればいい?

私が読んだ著書『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! 』で山崎先生は、素人が投資先を選ぶのは無理だから手数料だけ気にしてればいい、と言っていました。

その観点から考えると今の日本では、

楽天証券

SBI証券

の2択です。

楽天よりSBIの方が老舗なので、私はSBI証券でNISA口座を開設しました。

(楽天はポイントも溜まるので楽天カードでの決済が多い方は楽天でも良いと思います)

ちなみにSBIはA8.netのセルフバックで登録すると、かなりうまみがあるので抵抗ない方はどうぞ。

A8.netセルフバック画面より)

※2021年の7月時点で15000円の報酬があります。6月も同じ条件だったので、しばらくは続くと思いますが、セルフバックの報酬は期間で決まっているので無くなっている場合もあります。

つみたてNISAを1カ月でやめた理由

というわけで、そんなやらない理由が見つからないくらいのつみたてNISAなんですが、私は実際1カ月で辞めてるんですね・・・。

その理由は、毎月3万円、年間40万円の貯金が今までできてなかったから、なんです。

いや本当お恥ずかしい話なんですが、この程度の金額を今まで貯めれてませんでした。

つみたてNISAを再開できた理由

でもその後、再開することができました。これには2つ理由があります。

・毎月の固定費を見直した

・奥さんに相談した

毎月の固定費を見直した

まず毎月の固定費なんですが、私は携帯電話、娯楽、の見直しをしました。

携帯電話を格安スマホ(Ymobile)に変えて、あとは娯楽の部分では毎月有る程度支出のあったレンタルDVDやレンタルコミックをやめてU-NEXT1本に変えました。

これで毎月6~7000円が浮く計算です。

・奥さんに相談した

あとは素直に奥さんに相談しました。

「つみたてNISAをしてみたいんだけども・・・」と相談したところ、毎月の食費は半分くらい奥さんが出してくれることになったんですね。

具体的には、今まで毎月固定で3万円程度奥さんに渡していた分を、無しにしてもらったわけです。

これで私が買い物に行く時は私が買って、奥さんが1人で行く時は奥さんが買って、という感じになったので、さらに1万円~程度つみたてNISAに回すことができるようになりました。

※その他の公共代金や家の維持費などは私が負担しています。

※つみたてNISAを検討している時は奥さんの収入はあまりなかったんですが、今は看護師として働いているので、ほぼ同じくらいの年収があります。

つみたてNISAをした方が良い人

以上のことから、つみたてNISAをした方が良い人は・・・

金銭面・毎月の残金に余裕が十分ある人。具体的には年間約40万円以上貯金できる人、できてた人です

またつみたてNISAの特徴として、

・投資先を自分で選びたくない

・つみたて感覚で放置したい

方にも向いています。

つみたてNISAをしない方が良い人

逆にむいていない人は、毎月3万、年間40万円の貯金ができない人です。

つみたてNISAは毎月もっと少ない金額からでも始めることはできますが、継続期間が20年間と決まっているため、最大のリターンを得るには毎月3万円程度の余剰ができてから始めることをおすすめします。

また、投資先を自分で選びたい方、アクティブに各株式の動向をみて、投資の勉強もしたい、という方は向いていないです。

つみたてNISAを始めるタイミングについて

つみたてNISAを始めるタイミングについては色んな資産形成プランがあるので一概には言えませんが、老後資金を貯める、という観点から見れば定年の20年前で十分だと思います。

20代からの資産形成としてやるのも1つの手ではありますが、若い時は自分に対してお金を投資する必要もありますし、早くに結婚された方は毎月3万円の余剰を得るのは難しい方も多いです。

上のシミュレーションでも触れましたが、つみたてNSIAは満額投資で1000万円以上の資産形成が見込めます。

この金額をいつ欲しいか?ということを自分の人生設計にあてはめてみて、決められることをおすすめします。

つみたてNISAのまとめ

私なりのつみたてNISAのまとめです。

・毎月3万円の余裕を持って始める
・投資先がわからなくてもOK
・手数料の少ない楽天かSBIで始める
・毎月3万円を20年つみたてると1000万円以上になる
・メリットを家族にも相談してみると良いかも
・老後資金目的なら定年の20年前でもOK

やはり毎月3万円以上の余裕を持って始める、というのが一番重要です。

また長期投資は入金回数が多いため、手数料も重要です。手数料の高い銀行ではなく、楽天やSBIのようなネットの証券会社で運用することをおすすめします。

つみたてNISAで参考にした書籍とウェブページ

書籍:『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

参考:金融庁『つみたてNISA早わかりガイドブック

参考:マネーの達人『「日経平均」vs 「S&P500」 過去5年~30年間、投資していたらどうなっていたか試算してみた

参考:楽天証券のつみたてNISAシミュレーション


コメント

タイトルとURLをコピーしました